不妊治療開始

覚悟を決めた後、とにかくできることはすべてやってみて、後悔のない人生にしようと思った。

これを機に仕事もやめた。

専門学校を卒業して以来無職になるのは初めだけど

不妊治療に集中できるので、

夫に頼んで仕事を辞めさせてもらった。

40代女性、正社員の仕事はそれほどストレスがひどかった。

20年近く吸っていた煙草も辞めた。厳密に言うと、禁煙外来へ通い、薬の力を借りて

どうしても辞める自信のなかった煙草も辞められた。

仕事を辞め、煙草も辞めたせいか?体重はみるみる増えていた。

その増え方は後に、不妊治療をする中で現実と向き合うこととなる。

とにかく

できる準備は全て整えた。

これからは、妊娠するために良いことをとにかく調べた。

夫と話し合い、初めから体外受精を希望することにした。

年齢を考えると、一ヶ月でも早い方がいいと思ったからだ。

普通はタイミング法を何回か試して結果が出ない場合は人工授精

そして人工授精を6回ほどして結果が出ない場合は体外受精へと移行するのが一般的な目安らしい。

体外受精を受ける為には、体外受精の説明会に出席しなければならないらしい。

まずは、血液検査、精子検査、体外受精説明会に出席を、1週間の間に4回病院へ通うことになった。

ひとえに仕事を辞めたからできることで、これで働きながらと考えると、1週間のうち4回も通うなんて

到底無理だし、不妊治療に社会が理解がないしで、きっと時間を作りながらで

時間も何倍もかかってしまうだろうなと思った。

少子化問題の1つにこの問題を社会が理解してくれたら、もっと出生率上がるのにな…

なんて思ってしまった。

体外受精の説明会に出席した。
だいたいご夫婦で30組くらいは来てたかなぁ。
家は夫がお仕事だったので、私一人で出席した。
体外受精の方法やそれまでのスケジュール、費用などの説明を受けた。
43歳までは国の助成金もあるとのこと。不妊治療を考えている人にはなかなか丁寧な説明だったと思う。
35歳以下の方なら、体外受精にすると、60パーセントは妊娠する統計もあるとの事。高額になるけれど、本当に妊娠を望む人には、一刻も早く治療をおすすめします。との説明

では、先日の女医さんの説明では、

『44歳では体外受精でも人工受精でもそんなに確率は変わらないし、厳しいですね。1パーセントです。』
との事。
こんなに35歳以下は確率上がるのに・・・

44歳じゃーやっても意味ないですよー?お金もかかるしー!タイミングでも人工受精でも体外受精でもそーんなに変わらないから、1回やってみるってのもアリだと思うけど。まー無理だね。と言われた様なものか。

卵子の老化かぁー胎児の時に卵子の数は決められてるのかぁー卵子はもう数が決まってるのかぁー
そんな事知らなかったなぁ(๑╯ﻌ╰๑)


結構知らない人も多いと思うなぁ。
パートナーとの出会いのタイミングだってあるし、

私はこの歳まで、妊娠を考えられる環境にいなかったのだし。これは運命だから、しかたない。
でも私は無理なのかぁーと思うとなんか、心の底から涙が出そうになった。
高齢は難しいのは知ってはいたけどな。

なんだか説明を受けてさらに44歳高齢でのほとんど妊娠はできないんじゃないかと

どんどん不安になった。

でも、これも運命だ。

まだ検査結果も出てないから、マイナスに考えるのはやめておこう。

そう強く思った。

初診

永遠4時間近く待たされて、やっと自分の番が来た。

ドキドキしながら診察室のドアを開けると、30代位の女医さんが座っていた。

私にとっては初めてでドキドキ緊張したけど、

その女医さんにとっては年間のべ何千人の中の1人。

本当に淡々と説明を始めた。

治療の方法

1.タイミング方・・・・・不妊検査及び排卵時期のチェックによる性交タイミングの指導

            排卵のタイミングを教えてもらって、自然妊娠を目指す方法

2.人工授精・・・・・・精子を子宮内へ直接注入し、卵子と精子が出会う確率を高める方法

3.体外受精・・・・・・体外受精は、採卵手術により排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行う治療。受精が正常に起こり細胞分裂を順調に繰り返して発育した良好胚を体内に移植すると妊娠率がより高くなることから、一般的には2-5日間の体外培養後に可能な限り良好な胚を選んで腟の方から子宮内に胚移植する。

44歳だと確率は1%です。人工授精にしても体外受精にしても5%くらいしか確率も上がらないので、お金もかかりますので、どの治療にするかはご夫婦で考えてください。44歳だとどっちを行っても変わらないので。

と・・・・

内心動揺していたけれど、

夫と始めから体外受精をすると決めていたので、タイミングだの人工授精だのはすっ飛ばして、体外受精をしたい旨伝えた。

体外受精の場合は、説明会を受けなければならないとのことで、あらゆる血液検査、夫の精子検査を

最短で行い、できるだけ早く治療に入ることにした。

44歳になったばかりだったので、1ヶ月でも早く始めたら確率も上がると思ったからだ。

その日のうちに血液を採取し、翌日精子検査、その週に体外受精の説明会に参加する予約をとった。

帰りの電車では、なんだか涙が浮かんできた。

44歳の妊娠は難しいとはわかっていたが、専門の医者に1%です!とはっきり言われたら

それは、もう妊娠はできません。と言われたようなもの。

1%でもとにかくやってみよう・・・

後悔しないように、やってみよう。

無理なら、2人の生活を考えればいい。

もっと早く調べておけばよかったな。とも思った。

不妊治療の病院なんて敷居が高すぎた。1年でも2年でも早かったら

助成金も出るし確率もちがったのに・・・・

43歳からガックッと確率が落ちるらしい。

でもこんな時は44歳で妊娠した人のブログなどを読んだりして、希望の光の方を見るようにした。

初めての不妊治療専門病院へ

インターネットで予約をして

初めて不妊治療の病院へ行った。

初診は時間の予約ができず、午前中のどこかで呼ばれるという曖昧なアナウンス

とにかく予約した朝イチから夫と行くことにした。

病院・・というかクリニックという感じか?

ビルにワンフロアがクリニックになっており、オープンして1年ぐらいしかたっていないので

内装もインテリアも新しく綺麗だった

ヨーロッパ調の内装

高級エステサロンでも来たかのようだった。

朝イチから行ったけどすでに何人かの患者さんもいて、夫婦で来てる人も何組かいた。

問診表を書いてひたすら呼ばれるのを待った。

1時間….2時間…

患者さんはどんどん増えてきて数えられるだけでも50人以上はいたと思う。

こんなにも通っている人は多いんだ~と想像より患者さんの多さにびっくりした。

見た目30代位の人が多そうだ。

私くらいの人も数人だけどいた。見た目だから実際のところは知らないけど・・・

こんなにも頑張っている人がいるんだとなんだか心強くも感じた。

私も頑張ってできるだけの事はしてみよう!と思った。

時間ばかりが過ぎなかなか自分の番号が呼ばれず

先生の人数はわからないが

いつ呼ばれるんだろう?と不安になってきた。

8時過ぎくらいからずっと待っていたのに、午前中の時間が終わるころになってきた。

待つこと4時間30分

やっと自分の番号が呼ばれた。

初めての診療でどんなこと言われるだろうか?

ドキドキしながら呼ばれた部屋の扉を開けた。

そこには賢そうなイカにもな30代位の若い女医がいた。

続く・・・

病院選び

教えてもらった病院は、予約待ち3ヶ月・・・

他も調べてみようと思った。

10年位前の話

仕事で知り合った女性の話を思い出した。

彼女は結婚10年、特に夫婦の中で子供は作らないと話していたそうだ。

その代わり猫ちゃんを何匹か飼ってとても可愛がっていた。

しかし40歳になった頃

一人っ子という事もあり、親のためにできるのであれば後悔しないように

不妊治療に通うことにしたそうだ。

その後、幸いすぐに子供を授かり出産をした。

その時に聞いた話で、印象に残った言葉があった。

『高齢だと一般の病院の産科で受け入れてくれないところがあるらしいよ。42歳以上だとなかなか出産する病院を探すのも困難だから、できるだけ子供ははやく若いうちに産んだ方がいいよ!』

という言葉でした。

彼女の病院は不妊治療から産婦人科、小児科とある病院で、そこでそのまま同じ病院の産婦人科で出産をした。

そのことを思い出し、今住んでいるところから通えなくはなさそうな場所だったので、インターネットで調べてみた。

すると、不妊治療専門の病院は新設で駅ちかで開業したばかり、予約を確認したら、すぐとれそうだったので

もし妊娠したら受け入れてくれるであろう系列病院もあるので、そちらの病院へ行ってみることにした。

不妊治療病院探し

入籍するにあったっての大きな理由は子供が欲しかったからです。その時すでに43歳でした。

さすがに妊娠できるか?不安もあり、もし自然にできない可能性も考えて病院へも通おうか?という話になりました。

結婚してないパートナーとも不妊治療はできるそうですが、その時は知識もなく

まずは結婚しないと不妊治療はできないと思っていたので、44歳になる前に入籍をすることにしました。

もし結婚しなくても病院に通えることも知っていたなら、もっと早くお付き合いしている段階で行っていたと思います。(すでに40歳をこえていたので・・・)

妊活の為に入籍と共にフルで働いていた仕事をやめました。

専門学校を出てから23年間ずっとフルで仕事をしてきた私には、夢のようなそして責任を感じる・・

私の中では大きな決断でした。

絶対出産せねば!!

と意気込んだはいいけど

病院といってもどこえいったらよいか?

クリニックみたいな小さな病院もあるし、総合病院もある。

温泉のドラマで有名になった私の大好きな女優さんも確か高齢で不妊治療で子供を授かったとテレビで見た気がする・・・

調べてその病院にしようか?とも思ったが、以前親世代くらいのお客様との世間話の延長で聞いた話を思いだしました。

『うちの姪っ子は50前で出産したの。不妊治療でお金は大変かかったらしいけど、今の医療はすごいみたいよ!だからミラクルあっちゃんもまだあと2人は産めると思うわよ!』

と・・私はすでにその時42歳だったけど、その方は私の事をたぶんまだ40前くらいだと思っていたのだと思います。

とにかくその言葉を頼りに、姪っ子さんの病院はどこなのか?教えてもらいたいとその方に連絡してみました。

後日連絡をもらい、姪っ子さんは海外なども行ったりとかなりお金をかけたらしい。

現実的じゃないので、姪っ子さんの病院などは紹介できないが

その代わり息子夫婦が不妊治療をしているので、お嫁さんを紹介してくれることになりました。

現実的じゃない治療って何だろう??とその時は思ったが、今となって考えてみるときっと卵子提供だったのかな?今となってはなんとなくそう思えます。

それから間もなくお嫁さんから連絡がありました。

私よりは5つくらい若いけど、彼女も高齢妊活の部類で、色々治療について詳しく教えてくれて

とても助かりました。

そして彼女はその時、不妊治療が実り妊娠中だと聞きました。

不妊治療はなかなかうまくいかず時間がかかるという話を仕事でであった女性たちに聞いたいたので

すでに妊娠していたと聞きびっくりしたけど、よかったなとも思いました。

成功例をまじかで聞けることは私にとって希望に感じたからです。

まずは彼女がいった新宿の病院へ予約をと思って調べだが、初診は3か月待ちとネット予約で知りました。

3ヶ月もただ待つなんて年齢的に時間もったいない!

他も探してみようか・・・

不妊治療の病院はいつもいっぱいの患者さんで溢れてると言っていたけど・・・

思った以上に子供を授かりたくて頑張ってる女性が多いことを実感したのでした。

そして私の病院探しは振り出しに戻りました。

続く・・・

妊活開始!

こんにちわ! ミラクルあっちゃんです。

これから不妊治療から出産に至るまでを振り返りなから日記をアップしていきたいと思います。

私は43歳で結婚しました。

二人共できれば子供を育てたいと思っていたので、結婚を機本格的に不妊治療の事などを詳しく調べることにしました。

この時の私はどこかでまだ自然に授かるかもなぁ~

という甘い考えがありましたが、年齢の事で後悔をしたくなかったので、色々リサーチして、本格的に妊活をすることにしました。

『妊活』という言葉を数年前から聞いたことがあり、基礎体温つけたり、排卵日を予測したり、温活、体に良い食べ物をたべたり・・・

そんなことしか浮かばなかったのですが、まずはインターネットで検索することにしました。

今の時代だからこそ、インターネットで何でも調べられますが、出産適齢期だった20年前だったらどうだっただろうと思いました。

特に産婦人科も婦人科もただでさえ敷居が高くてなかなか行きずらい・・・

なんの情報もなければ途方に暮れていたかもしれないな。

昔はよく父に『わからないことがあったら図書館で本を読め』と言われたな~

20年昔だったら図書館に行ったかな?

などと思いながら

スマホの検索画面をタッチしました。

はじめまして

45歳で奇跡の出産をしました。

43歳で結婚★44歳で初めて不妊治療の門をたたきました。

44歳が妊娠しにくいのはわかっていたけど確率1%とは知らなかった!!!

はじめまして!

ミラクルあっちゃんです!

私は

団塊ジュニア世代に生まれ、バブルも味わえず就職氷河期

必死に働いてきました。

気が付けば40歳を過ぎ、ようやく落ち着くべく結婚!

もちろん普通に妊娠!出産!って考えていたけど

もう妊娠など難しい年齢・・・・

40代の妊娠率かこんなに厳しいのを知らなかった!!

このブログは43歳で結婚、44歳で妊娠、45歳で奇跡の出産した私の不妊治療から現在のアラフィフ子育ての記録を書いていきたいと思います。